デビット・スプレッド

デビット・スプレッドとは、OTMの権利行使価格のオプションを買い、それと同時によりATMから遠い権利行使価格のオプションを売る戦略をいいます。
ここでのプレミアムは受け取りよりも支払いのほうが高くなるので、「デビット」となります。
この戦略の特徴は、オプション買いにかかる資金を、オプション売りによって軽減させるところにあります。これにより、単純なオプション買いと比べて最大可能損失を軽減させるのと同時に、オプション買いの成功率を高めるという利点があります。ただし、リスクが低くなるのと引き換えに最大可能利益も上限がつくというデメリットが伴います。

たとえばコールでデビット・スプレッドを行う場合。
ATMが10,000円のとき、将来的に日経平均株価が上がるだろうとの予想から10,300円のコールオプションを200円のプレミアムで買い、同時に10,600円のコールオプションを100円で売ったとします。
この時点で支払いは200-100=100円。そして満期日、予想に反して価格が上がらなかったら、100円がそのまま損失となります。

それでは予想通り価格が上がっていた場合、利益が発生するのは、コール買いの権利行使価格に支払いプレミアムを足した価格10,400円を越えたところからです。

ただし、デビット・スプレッドでは同時に10,600円のコール売りも行っているので、それ以上に価格が上がっても利益は発生しません。したがって、最大可能利益は10,600円ー10,400円=200円となります。
単純なオプション買いの場合、10,600円という上限がないので、価格が上がれば上がったほど無限大の利益の可能性があります。

しかし一方でコール売りによる費用の軽減がされていないので、利益が発生するのは10,300円+200円=10,500円を越えてからとなります。
オプションは買いポジションの成功率が非常に低いので、デビット・スプレッドによって利益がでる確立を高めることが出来ます。

 

▼ 注目のバイナリーオプション
1000円未満で始めるバイトレ!!