FXのオプション取引の種類や分類を紹介!

FXのオプションには種類があり、それぞれ取引方法に違いがあります。通常のオプションを取引やそれに条件を加えたオプションなどがあります。まずは下の表を見てみましょう。

オプションの種類

バニラオプション 通常の基本的なオプションのこと。
対応FX会社:IG証券サクソバンクFX証券kakakuFX
エキゾチック・オプション バニラオプションに特殊な条件(ルール)を加えたオプション取引のこと。
■バイナリーオプション:
設定さえた価格を満期時に超えるかどうかを予想するもの。取引開始時も最大利益額と最大損失額が確定する極めて分かりやすいオプション取引。ゼロか大きな価値を出すかのいずれかになります。アセット・オア・ナッシング・オプションとも言う。
対応FX会社:FXトレード・フィナンシャルFXプライムIG証券

■バリアーオプション:
所定の条件に到達することを条件にオプションの価値が発生するオプション取引のこと。 ノックアウトオプション、ノックインオプションなどがそうです。

バニラ・オプションは、アイスクリームのバニラから由来されているとも言われ、「一番オーソドックスで普通の」という意味です。エキゾチック・オプションと比較する際に用いられ、ただ単に「オプション」と言う場合は、このバニラ・オプションのことを指しています。また、バイナリーオプションは、相場の予測パターンを選択するだけのわかりやすい商品ですが、これはエキゾチック・オプションの一種で、特殊なルールを加えて初心者の方でも取引しやすいようにカスタマイズされたものです。
自分なりの取引戦略を組みたてたい方はバニラオプションを、むものがあります。また、権利行使の期限やタイミングによって呼び方が異なります。

権利行使タイプを見てみよう

権利行使とは、オプションの買い手が権利行使して取引を完結させることです。一般的に権利行使のタイプには、ヨーロピアンタイプ、アメリカンタイプ、バミューダライプの3種類があり、権利行使を行うタイミングによって下の表のように呼び名が変わります。

権利行使のタイミングによる分類

アメリカン・タイプ 期間中、いつでも権利行使が可能なオプションのこと。
ヨーロピアン・タイプ 行使期間の最終日にだけ、その取引を実行するか否かを決められるオプション。
バミューダン・タイプ あらかじめ複数の権利行使日が設定され、そのうちのいずれかの日において権利行使が可能なオプション。

アメリカンタイプとヨーロピアンタイプは取引目的によって使い分けられます。例えて言うならば、目的地へ向かうのに、バスを使うかタクシーを使うのかを選ぶのに似ています。アメリカンタイプは降りる場所をどこでも自由に指定できるタクシーで、ヨーロピアンタイプは既定の停留所でしか降りられないバスです。

アメリカ人は行動が早く利益が出たらすぐに権利行使し、反対にヨーロッパ人は比較的ゆったりとポジションをコントロールするという意味合いからきているとも言われています。バミューダタイプは、アメリカとヨーロッパの中間に位置しているのがバミューダ諸島であることから由来されています。バニラオプションもそうですが、金融用語にはこのような比喩表現がよく使われますね。

為替オプション取引では、アメリカンタイプとヨーロピアンタイプが主流です。バミューダタイプの事例を見ると、債券のオプションやスワップションで採用されるケースが多いです。

▼ 注目のバイナリーオプション
1000円未満で始めるバイトレ!!